住宅ローン完済までの金利をチェック

住宅ローン金利の完済までの金利は、変動金利を選択した場合は半年に一回変更されます。
期間選択型の固定金利の場合は固定金利が終了した時点でその時点の住宅ローン金利の金利から選ぶことになります。
その時にまた期間選択型の固定金利を選んだ場合は再び期間が終了した時点で選び直すことになります。
全期間固定金利の場合は返済が終了するまで同じ金利が適用されます。
従って一番変動金利が金利が変わりやすく低金利の現在はリスクがあると言えます。
しかしそのリスクを負うのに十分な低金利で借り入れが出来ることから選ぶ人が多い状況です。
全期間固定金利は、完済するまで金利が変わらないのでリスクは無いですが、ずっと低金利が続いた場合でも当初の変動より高い金利を払い続けなければなりません。
住宅ローン金利見直し方法は?お得な銀行比較!【借り換えメリットは?】