住宅ローン借り換えで担保割れしている場合は?

住宅ローンはお金を借りるわけですから、貸し手の銀行は返済が滞ったときの事の保証として「担保」を設定します。
住宅を購入したときは、その当時の物件評価額で担保を設定しますから問題は発生しないのですが、住宅ローンの借り換えを検討する頃になると物件の評価額も変わってくるものです。
特に近年は不景気なので10年から20年以上前に比べると、不動産価格は下落しています。
又、住宅自体の価値も築年数とともに下がりますから、新築で住宅を購入したときよりも評価額が下がっているのは明らかです。
そこで出てくる問題が「担保割れ」です。
これは、ローン残高と担保物件を比較した場合、担保物件がローン残高よりも低い評価になってしまうという状態です。
そうなると、借り入れ審査が一層厳しくなるので、不利な状況になってしまいます。
住宅ローン借り換え比較ランキング!【金利・諸費用安い銀行2017】